MENU

彼に未練を残させる、上手な別れ方

彼から、「別れよう」、と切り出されたら、どうしますか?

 

「別れたくない!」、「ダメなところは直すから!」と、すがって泣けば、どれだけ自分が彼を好きなのかが伝わり、彼も別れづらくなるだろう、というのは、実は間違い。

 

ここでは、上手に彼に未練を残させ、少しでも復縁の確率を高める方法を、ご紹介したいと思います。

 

一応、受け入れる

泣いたりすがったりは、彼に想いが伝わるどころか、面倒な女だ、と思われるだけ。

 

彼の言い分を一旦受け入れるのが正解です。

 

そして、「あなたの意に沿えなくて、申し訳なかった」、という意味の言葉で、謝罪します。

 

これは、相手に100%非があっても、そうします。

 

あなたの寛容さが彼に伝わり、今後何か辛いことがあったときに、きっとあなたのことを思い出します。

 

人は、酷いことをされたことも忘れませんが、優しくされたことも同じくらい、記憶に留めるものなのです。

 

楽しかった出来事を印象付ける

別れたいと思っている彼は、今、嫌な記憶で、頭も心も一杯になっています。

 

だからこそ、別れたいという衝動が起こっているのです。

 

そこで、別れ際に、彼の嫌な記憶を、良い記憶に置き換えておく作業が必要です。

 

楽しかった思い出を、さりげなく、「あんなことがあったね」というふうに、話しておきましょう。

 

あなたと付き合ったことが、彼にとって、素敵なことだった、と印象付けられるはずです。

 

そうなれば、多少なりとも、彼の中で、「本当にこのまま別れていいのか、もしかしたら、あのときに戻れるのではないか」、という、迷いが生じる可能性が高くなるのです。

 

秘儀、ワキ見せ

少し、今までとは傾向が違う、男性の本能に訴えかける方法です。

 

男性には、女性のワキの下が好きな人が、結構います。

 

フェロモンが出ている場所だから、あるいは、普段は隠されているところを覗き見する興奮があるから、など、理由は様々あるのですが、男性は女性のワキには、少なからず興味があります。

 

ですから、別れ話にはノースリーブで臨むと効果的。

 

話の途中に、髪をかき上げたり、腕を伸ばしたりして、チラチラ男性にワキの下を見せるようにすると、男性は、何となくその場を立ち去りづらくなるのです。

 

おわりに

これらの方法は、すぐに彼の気持ちを変えるのに、効果があるわけではありませんが、彼に未練を残させるには、十分な方法です。

 

とにかく、別れ話には、冷静に対処することが、何より復縁率を高めると、認識しておきましょう。