MENU

女性が勘違いしていだ男性の恋愛心理

何年か前に放映されていた「そんな彼なら捨てちゃえば」という映画をご存知でしょうか?

 

私は結婚後に見た映画だったのですが、この映画を見ると男性の恋愛心理がとてもよくわかります。
そして、なぜ女性側が勘違いをしてしまうのかも。

 

私はこの映画、結婚前の恋愛現役の時に見れたら、回り道しなかったのになーと思いました。

 

まず、恋愛相談した結果を真に受けてはいけないということです。
特に女友達に相談しても、ハッキリ傷つくようなことは絶対に言わない言えないからです。
アドレス交換した彼から連絡がないんだと相談したとすると、「仕事が忙しいんじゃない」とか
「間違えてアドレスを消しちゃったんじゃない」とい言われ、相談したほうも
期待をしてしまうからです。

 

男性って、気になる子にはすぐに連絡するんです。
単純だから駆け引きしないです。
それなのに、私たち女子は「こちらから連絡するのを待っているのかしら」
「こちらから、連絡したら嫌われるかな」とか頭の中、すべてを彼で埋め尽くしてしまいます。
そうすることで、恋愛していると錯覚し、どんどん独りよがりになったり
彼の興味のないサインを見逃していい方にいい方に考えてしまうのです。

 

そして、恋心を大きくしてどうしようもなくなって告白したところ
あっさりふられちゃう。
そして、ダメージを受け、しばらく恋から遠ざかったりしてみたりします。

 

今思うとその時間ってすごくエネルギーも使うし時間の無駄だったりしますよね。
心も傷ついて、次の恋愛の時には臆病になってしまうことも。

 

だから、初対面で彼が私に気があるのかないのかを見極めるのがすごく大切だと思います。
そして、向こうからの連絡を必ず待つこと。
それが追いかけられる女になる秘訣だと思います。
ここで、自分からアクションしてしまうと立場が代わり
女が男をおいかけるということになってしまうからです。
そうすると、男の人の役割がなくなってしまい、
デートに誘うのも、電話をかけるのも、メールをするのも
すべて女性からのアクションになる可能性が大です。
男性は向こうから連絡くるでしょと男性の狩猟本能がなくなってしまうからです。
そうなると必然的にプロポーズもされませんよね。

 

草食男子が増えてきているといいますが、男の子も本当に好きな人、
この人だと思ったひとにはアクションしたいんだと思います。
それを女子が誤解して「今の男の子は勇気がないから私からいかないと」と
勘違いしてしまうと、なかなか幸せな恋愛ができないのではと思います。