MENU

明日は初デート、とても緊張している時の心得とは

初デートとなると、とても緊張するものですね。
殆どの女性が初デートの時には、緊張のあまり上手に会話が出来ずに終わってしまったのではないでしょうか。
もしも少しで緊張をほぐす方法があるとしたら、どのようなもでしょうか。

 

1. 初デートは相手の人となりを知るものだと思うこと

 

初めてのデートは、男性も緊張するものです。
それは、相手がどんな性格だか分からないので、どうしたら退屈しないでくれるのか分からないからです。
デートというと恋人同士が手をつないで海辺を走っている姿などを想像しませんか。
それだって走っている、というだけであって、特にお洒落な場所で会話がはずんでいる訳ではありませんよね。
つまり、相手に退屈な思いをさたらどうしよう、などということは心配はいらないのです。
お互いのことを知りたい、と思うからこそデートを重ねていくのです。
相手のことが分からないからこそ色々な気まずい思いも必要なのだと思いましょう。

 

2.初デートはドライブより公共機関で移動する方が良いこと

 

やはりドライブとなると密室なので、ストレスが溜まってしまいます。
初デートでは、電車やバスなどの公共機関を利用した方が、雑然としている分気が楽です。
もしも彼に「車でどう?」と訊かれたら、「車に酔い易いので、今回は近場で」とお願いしましょう。

 

3.移動しながら景色を楽しめる場所を選びましょう

 

それでもやはり緊張のあまり沈黙が続いてしまうと気まずいと思ってしまいますね。
初デートの場所選びとしては、移動しながら周囲の景色が楽しめるところが良いでしょう。
都内なら動物園やお台場周辺、晴海ふ頭などで行われているイベントなども良いでしょう。
意外なところで都内のバスツアーなどもお互いが楽しむことができます。

 

4.気を回して考え過ぎない

 

「このデートは絶対成功させなくちゃ」「気にいられないとフラれてしまう」など、先のことを気にし過ぎると不自然な言動になってしまいます。
今、目の前のソフトクリームが美味しいなと思ったら、素直に笑って「美味しい」と言うことを考えましょう。
相手の女性の会話が下手だったから別れたい、などという男性とはご縁が無い方が良いでしょう。

 

終わりに

 

最初から自分を作り過ぎてしまうと、後からギャップを埋めるのが大変なことがあります。
初デートでは決して嘘はつかず、等身大の自分でいることが大切です。
段々とデートを重ねていく度に、会話の内容を記憶することになり学習して、彼の気持ちを理解できるようになります。